ホーム > 病院のご案内 > 院長のごあいさつ

院長のごあいさつ

理念

住民に信頼される安心と思いやりのある病院を目指し、地域医療の中核を担う責任を果たします。

基本方針

1.患者さま中心の医療の実践

患者さまを第一に考え、誰でも、いつでも、安心して利用できる病院づくりを目指します。
患者さまのプライバシーに配慮し、患者さまが人間らしく生きるための手助けを行います。

2.地域に根ざした医療の実践

保健・福祉活動と連携し、地域包括医療を目指します。
地域唯一の病院として救急体制の環境整備に努めます。

3.良質で安全な医療の提供

医療機器の整備を行い、質の高い医療を目指します。
看護・介護を初め医療技術の研さんに励みます。

4.病院情報の提供

住民に対する病院情報を積極的提供に努めます。
医療連携や医師招聘のための情報発信に努めます。

5.公立病院としての健全経営の確保

公共性と経済性を考慮し、健全な病院経営に努めます。

院長のごあいさつ

院長のごあいさつ

斜里町は、世界自然遺産「知床」を抱える町として知られ、観光のみならず漁業、農業も盛んな町です。斜里町国保病院は、斜里町で唯一の病院として、斜里町民の健康を一手に担っており、今まで同様、斜里町の地域医療を堅持していく事が重要な使命であります。

斜里町では、すべての救急車はまず当院に搬送されます。また、歩いて来院された急患も含め、当院での診療が可能か、2次3次救急病院への転送が必要かを瞬時に対応する事が必要となります。そのため救急医療体制の充実が重要であることはもとより、さらに網走市や北見市の基幹病院との密な連携を強めていきたいと思っています。

また、斜里町も他の自治体と同様に高齢化率は毎年上昇しています。診療患者の大半を占める生活習慣病に対して、その予防やそれから発生する疾患に対してしっかりと向き会っていきたいと思っています。そして、「訪問診療」に代表されるように、待つだけの医療ではなく出かけていく医療、さらにこれからは医師だけではなく医療に携わる多くの職種の人たちと連携して、医療を支えていく必要性が求められ、我々も努力していかなければなりません。

今後、高齢化社会を迎えるにあたり、医療を取り巻く環境はさらに複雑となり、多くの難問題が山積みされる事は容易に想像が出来ることであります。その中で、質の高い優しい医療を提供し、地域の住民の皆様に守られながら、更に信頼され、親しまれる病院を築いていくように、職員一同邁進していきたいと思います。

これからも、ご指導ご鞭撻を宜しくお願い致します。