ホーム > 病院のご案内 > 医師の紹介 > 菊一 雅弘 副院長

菊一 雅弘 副院長

きくいち  まさひろ

今の仕事と経歴

1978年3月 金沢大学医学部卒業

1985年3月 三井記念病院外科研修医(レジデント)

1987年4月 同 外科医院(レジデント)

1989年4月 同 外科病棟主任(チーフレジデント)

1990年4月 米国City of Hope National Medical Centerにてresearch fellow(surgical oncology)

1992年7月 三井記念病院外科スタッフ

1993年4月 同 外科医局長

1997年4月 同 消化器外科科長、輸血センター部長

2010年7月 南東北グループ健貢会 総合東京病院 手術室部長兼消化器外科科長

2011年7月 若林会 湘南中央病院 外科医長

2012年3月 徳洲会 東京西徳洲会病院 院長

2014年11月 同  総長

2015年6月 康和会 久我山病院 外科部長

2016年11月 五星会 菊名記念病院 外科部長

2019年10月 斜里町国民健康保険病院 副院長


 

医師を志した理由

 人の世話をして直接喜んでもらえる仕事だから。科の選択では、自分自身の手で始末、決着をつけられる外科医を志望しました。

得意・専門

 消化器外科手術全般(胃・大腸はもとより、食道、肝・胆・膵手術を行います)、腹腔鏡下手術(虫垂切除、鼡径ヘルニア根治、胆摘、結腸切除など)、上部・下部・胆道の内視鏡診断・治療、透析用ブラッドアクセス・腹膜アクセス手術、一般外科手術および処置、また消化器癌の化学療法、輸血医療に従事して参りました。「神の手」は持ち合わせていませんが、温かい「人の手」で安全な手術を行います。外科手術に固執することなく術後も地域のかかりつけ外科医として、また手術が相応しくない場合の内科的治療にも尽力します。総合診療の資格(日本プライマリ・ケア連合学会認定医、指導医)も取得しました。

職場の雰囲気

 合地院長のもとに的確に判断し、良好なコミュニケーションで相談できる医師が揃っており、看護師やコメディカルの陣容も整ってきているので、さらに良質なチーム医療を目指せると感じています。

好きなこと、趣味

 趣味と言えるほどのものはありませんが、旅行・アウトドア・釣りが好きです。愛犬が家族の一員になってしまうほど、家族全員犬が大好きです。雄大な「北の大地」が大好きです。お酒は弱いくせに好きです。タバコは吸いません。元ラグビー部で、スキー・野球がかすかに得意です。ゴルフはクロスカントリーになってしまうので遠慮しています。

患者さんへのメッセージ・道外医療関係者(医師等)へのメッセージ

 都市部では病床機能の再編を中心とする地域医療計画が策定され、新専門医制度が実施されることで、高度先進医療はもちろん外科手術も大学病院等の所謂ハイ・ボリュームセンターに集約していくことは避けられないと考えます。都市部との交通、通信、そして人との繋がりを保つことが重要なのはもちろんですが、都市部を頼りに中心とする医療ばかりではない斜里町の住民を中心とする医療もあるはずです。住民の皆様に斜里町国保病院を選んでいただけるような医療を実践していきたいと思います。病院は地域の財産であり、住民を加えたチーム医療に邁進します。