診療科

栄養科

適切な栄養管理と衛生管理で、患者さまの治療効果およびQOL(Quality of Life)を高めることを目指します。

当院の管理栄養士2名のほか、委託会社の栄養士と調理スタッフで栄養管理および食事の提供を行っています。

食事の提供

医師の指示により、それぞれの患者さまに必要な食事を提供しています。

※食事治療を行っている方は、飲食物をお持ち込みにならないようお願いします。

付き添いの方の食事について

付き添いの方にも食事の提供を行っています(400円+税)。
必要な方は、会計窓口で食券を購入いただき、時間までに1階職員食堂前の「付き添い専用食券入れ」に提出してください。

  お食事時間 付き添いの方のお食事締切時間
朝食 午前8時 当日午前6時まで
昼食 午前12時 当日午前10時まで
夕食 午後6時 当日午後3時まで

食事の種類

一般食と特別食があります。

一般食

家庭の食事と同様の常食(ごはん)や全粥食(お粥)の他、軟菜食、流動食、口腔や飲み込みに障害があるため食形態の調整が必要な方への嚥下食、などがあります。
患者さまの年齢、性別、体格に見合った食事で、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」に基づきます。

特別食

心疾患や糖尿病、腎臓病など、病態に応じた食事を提供しています。また、検査食や食物アレルギーにも対応しています。 治療の直接手段として、医師から病状に応じて必要な栄養量の指示を受けた食事です。基本となる食事の多くは、糖尿病、腎臓病などの各専門学会の指標に基づきます。

献立

1年間のサイクルメニューを採用しています。この他、一般食の常食や全粥食では週に2~3回、昼食時に選択食を実施しています。
お正月、ひな祭り、クリスマスなどには、手作りカードを添えた季節ごとの行事食もお楽しみいただいております。

※患者さまには年2回、アンケートにご協力いただき、その結果を食事に反映させています。

常食の一例

常食の一例

常食献立(週間)の一例

常食献立(週間)の一例

嚥下食

脳血管障害、進行性神経疾患、頭頸部癌などさまざまな原因により、飲食物の咀嚼や飲み込みが難しくなる状態を摂食・嚥下障害といいます。
栄養科では嚥下医(歯科医師)が行う嚥下評価に同行し、食形態について把握を行っています。患者さまの状態に応じ、開始時のゼリー食から、ソフト食などの嚥下食を提供しています。

ソフト食

ソフト食

一般食

一般食

栄養科スタッフの役割

栄養状態の評価と栄養管理

入院患者の皆様の栄養状態については、管理栄養士が日々チェックしています。 必要に応じてベッドサイド訪問を行い、食事調整や栄養相談を行います。

栄養指導

当院を受診される方で、治療に食事療法が必要な場合に、医師の指示で栄養相談を受けることができます。 栄養相談では、管理栄養士が患者さまの病状維持・改善のための食事療法についてご説明やサポートをさせていただきます。 糖尿病・腎臓病・心臓病・高血圧・肥満・高尿酸血症・脂質異常症・肝臓病・膵臓病・炎症性腸疾患・低栄養・嚥下障害などさまざまな疾患の栄養指導を行っています。

実習生の受け入れや講座などの栄養教育

実習生の受け入れを行っています。実習では給食管理、栄養管理について学びますが、さまざまな経験ができるよう、管理栄養士が実施している[栄養指導]および[病棟訪問]に同行する場合があります。

日本摂食嚥下リハビリテーション学会への参加

摂食・嚥下評価をもとに、他職種と連携し、毎年症例報告を行っています。

嚥下機能評価

嚥下機能評価