診療科

理学療法科

理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

当科では、現在3名のスタッフ(理学療法士2名、リハビリ助手1名)が常勤しており、外来および入院患者さまに対して、物理療法・運動療法を施行しています。

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション料III
  • 運動器リハビリテーション料II
  • 呼吸器リハビリテーション料I
理学療法科 全景

リハビリ室全景

運動療法

当院各診療科の医師から、リハビリテーション・理学療法の指示を受け治療を行います。

外科・整形外科からの依頼の多くは、変形性の関節症、肩関節周囲炎、骨折等の患者さまです。関節の動きの改善や、筋力増強、歩行訓練を目的とした運動療法を主に実施しています。

内科・入院病棟では、脳血管疾患、肺炎、廃用症候群等の患者さまが中心で、ベッドサイドから、「起きる」「座る」「立つ」「歩く」等、基本動作の回復や日常生活動作の改善を目的にリハビリテーションを実施しています。

物理療法

運動療法と合わせて物理療法を実施することで、疼痛改善や、血行促進、疲労回復等が図られ、機能回復や治療効果を高める役割があります。

物理療法機器

温熱療法 ホットパック、極超短波(マイクロ波)治療器
電気療法 干渉波治療機器
水治療法 渦流浴
牽引療法 頚椎牽引 腰椎牽引
マッサージ療法 水圧マッサージ器 メドマー

 

物理療法機器(1)
物理療法機器(2)